現在のページ : Top

海外旅行保険とは

現在は2千万人に近い人が海外旅行に出かけている状況です。渡航費用もLCCなどの登場によって格安で飛行機に乗ることができるようになりました。 海外旅行者が増えると当然ですが、事故に遭遇する人も増えてきます。安全な日本になれていますから海外に出ると日本人は格好の標的になるのです。そのような中で重要になってくるのが海外旅行保険です。パックツアーであれば料金の中に保険費用が入っている場合が多く知らず知らずのうちに保険に加入しているということが多いです。

いっぽうで少しでも安く海外旅行をしたいという人の中には保険に加入しないという人もいるのです。判断の分れるところですが、何かあったときの保険なので、加入しておいたほうがいいのは間違いありません。 海外旅行保険で適用される内容は、海外旅行中の怪我や病気です。馴れない旅行で病気になる人は意外と多いのですが、現地では当然健康保険などはありませんし、法外な治療費の請求を受けることは珍しくありません。また、重度の病気の場合は現地の病院に入院と言うことも考えられます。その際に家族の渡航費用なども保険から支払われるのです。

また、旅行前にかかっていた病気が悪化したという場合も保険の適用となります。その場合も家族の渡航費用が出ますし、宿泊代など支払われます。 また、一番多い旅行中の盗難についても補償されますので、何かあったときのためにも保険に加入しておいたほうがいでしょう。